あひるの町便り 〜カナダとサイク〜

あひるの町便り 〜カナダとサイク〜

カナダの大学で心理学を勉強している超内向的で人嫌いな日本人のブログです。留学についてだけでなく心理学のお話しなんかもつぶやいてます。あ、あとあひるが町にたくさんおります。

終わったー、それと報告

どうもおひさしぶりです。

はせです。

 

めっきり更新していませんでしたがタイトルにもある通り長いようで短かったインターン生活も終わりを迎えました。

 

インターンに関しては一回ちゃんと整理して書きたいと思います。

 

 

今日はみなさんにご報告があります。

 

仕事を終えてとりあえずどこかアジアンリゾートなんかでのんびーりしたい

...ところでしたけどけどこいつを買ってしまいました。

 

f:id:psychcanada:20180807155335j:plain

どん!!



そうですiPad(第六世代)です。

かねてから勉強するように欲しかったのですがついに買ってしましました。

 

パソコンの画面じゃ読みづらい論文もこいつで読んでいきます。

タブレットならPDFにも直接書き込みもできちゃいますしね^^

 

報告はそんだけです笑

 

...まぁ実際に使っていく中でレビューなんかもしていきたいと思います。

 

 

 

さて、カナダに戻るまであと約2週間ありますがなにをするのかというと

 

とりあえず筋トレ、運動ですね

 

大学が始まる前に所属するサッカー部でのキャンプがあるのでそいつに向けて鈍った体を鍛え直していかないといけないのです。

 

2週間前から準備するなんておせーよとか言わないでください。

インターンシップって定時で帰れると思ってたんですから、定時で帰れば「ジムに行く時間ある」って思ってたんですから笑

 

 

とりあえず昨日一昨日がっつり筋トレしたのでお腹の減りが異常です笑

昼ごはんの1時間後にパンとプロテインを食べたのにまたお腹へってきました(午後4時)

今日はもう軽くボールを蹴るくらいにして休息にあてます。

 

 

あとは映画をゆっくり観る

本を読む

って感じですかね~

旅行も捨てがたいので国内でどこかのんびりとできる場所にでも行きたいですね

 

 

特に決まった予定はないけどとりあえず今後2週間はこんな感じです。

それでは、なんか食べるもの探すためリビングにおります。

 

 


ブログランキングに一応参加しております
もしよかったらポチッと押してください、もちろんあなたの自由ですがね^^(笑) にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

動くが先か考えるが先か...

どうもはせです。

 

一昨日3ヶ月ぶりくらいにお酒を飲みました。

 

筋トレ始めたり、睡眠の質が落ちるのを感じたりで

自分にとってお酒は「あったらいいけど別になくても良い」くらいの存在だとどこかで再認識しました。

 

まぁそれなりには好きですけどね笑

 

特にジンがお気に入り。

 

Tanqueray Rangpurってのが一番のお気に入りです。

「スーッ」って入って、後味もちゃんとあって、なおかつコスパが良い。

 ストレートでも全然いけちゃいます。(めちゃめちゃお酒弱いですけどね笑)

 

f:id:psychcanada:20180715224817j:plain

これはヘンドリクス。インスタ映えしそうですね〜笑

 

まぁそんなお話しは置いといて、

今日のお題は「考えてから動く」派の僕が「とりあえず行動」するときについてです。

 

そもそもなぜこのお題にしたかというと

今の職場が「とりあえず行動しよう」っていう方針で

僕とは正反対だから。

合いませんね〜笑 

 

2パターンありますが

ではさっそく

 

一つ目ー

「失敗の大きさと確率」

 

どういうことかというとシンプルに

①失敗したときの代償

と、

②そもそも失う確率

を考えるってことです。

(考えとるやんってツッコミはなしでお願いします笑)

 

①は例えば一枚の500円玉を投げて表が出たら僕が貰う、裏がでたらあなたが貰う

ってゲームがあったら失う額はそんな大きくないのでまぁ気軽に参加するよねって話しです。

 

これが100万円単位とかだったら尻込みしますよね⁇

 

②は、

どう考えても失う確率が低ければ気軽に手を出せるし、高いものにはよっぽど手を出しませんよね⁇ってことです。

 

例えばカジノ。

最後はカジノ側が勝つようにできています。

あとは宝くじ。

期待値計算したら負け戦でしかないんですよね。

 

⇧なので僕はこの二つには手を出しません。

 

 

二つ目ー

「経験が伴う判断のとき」

これはどういうことかというと「積み重なった経験によって深く考えなくても正しい判断ができるときがある」ってことです。

 

まぁ所詮22年しかまだ生きてないので経験がどうこうってのは言えないのでしばらく先の話になるかもしれないですけど一応解説。

 

まず理論として人間の思考、意志決定には「速い思考」「遅い思考が」あります。(便宜上「思考」を使います)

「速い思考」っての速くてエネルギーを使わないのがメリット、でも間違いも結構あるのがデメリット。

例えば目の前にライオンが現れたら

 

「ライオンだ‼︎逃げろ‼︎」ってなりますよね。

命の危険を感じているのに、「木の上に逃げるべきか」、「ライオンって背中を見せて逃げて良いんだっけ⁇」とか、「死んだふりをするべきなのか⁇」なんて考えませんよね笑

車がこっちに突っ込んできている時も同じですよね。

 

じゃぁ質問です。

バットとボールを買って合計110円です。

バットはボールより100円高いです。

ボールはいくらでしょう⁇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10円ではないですよ。

10円だったら合計金額は120円になってしまいます。

正解は5円です。

これが「速い思考」の欠点です。

バイアスや罠にかかりやすいんです。

 

 

対して「遅い思考」

こちらは認知的な努力やエネルギーを要するけど複雑な問題に対して正しい答えに導いてくれやすいよって感じです。「速い思考」とは反対ですね。

 

バットとボールの問題で初めから正解できた人は「遅い思考」をしっかり働かせられたってことです。

将来のプラン設計とか目の前にあるケーキを食べるか食べないか考える時に使えますねー。

 

 

前提知識の解説はここまで。

実はこの「遅い思考」ってのは経験をつめば積むほど「速い思考」並みの速さ、エネルギーで使うことができるんです。

 

 

この例で心理学者「ポールエクマン氏」について書こうと思ったんですがもう少しわかやすい例を見つけました。(気になる方はググってください笑)

 

そう、彼です。

f:id:psychcanada:20180715224815j:plain

 

鋭い観察眼で物事を理解する

「シャーロックホームズ」

 

ワトソン医師がどんなにがんばって頭を働かせても到底たどり着けないような結論にシャーロックは一瞬でたどり着けちゃいます。

しかもこの上なく正確。

僕の推測ですがシャーロックはエネルギーもそれほど使ってないと思います。

 

つまり「速い思考」の速さ、エネルギーをもって「遅い思考」の正確さを実現しているのです。

 

シャーロックホームズの観察眼が努力の賜物なのか天性によるものなのかは分かりません。(多分才能笑)

 

ただしこれは経験を積めばワトソンにだって可能なんです。

もちろん努力は必要ですがね。

 

 

で、今の職場の話につながりますが、

「とりあえず行動」派の職場がなぜ崩壊しないのか笑

といいますと

社長が後ろで舵取りしてるんですよねー

 

まぁ社長のその業界での経験には敵わないですよねー

いつも本とかを「机上の空論だ‼︎」って言ってるけど

なんだかんだで理論にのっとっているんですよ笑

 

 

今日はここまで。

思考実験では「リンダ問題」ってのが有名で面白いので気になる方はググってください。

 

また明日から仕事です。

モチベーション低下中ですけど頑張ります。

早く大学始まらんかなぁ、

サッカーしたいなぁと思うこの頃です。 

 

最後は宝くじに関するブラックジョークで締めます。

「宝くじは数字に弱い人に課せられた税金だ」

 

おやすみなさい。

 

 


ブログランキングに一応参加しております
もしよかったらポチッと押してください、もちろんあなたの自由ですがね^^(笑) にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

ちょっとお疲れモード

どうもはせです。

 

一昨日の夜仕事中にちょいよ「フラー」っとしたので昨日は大事をとってお休みをいただきました。

まぁ理由は分かってます、はい。

 

一つはシンプルに肉体的な疲れ。

 

小さな町で歩きながら大学に通ってた頃に対して今は

一時間以上かけての電車通勤。

フルタイム週6での勤務。

加えて一昨日は夜ごはんも食べずに9時半くらいまで働いていました。

 

 

ただ今回の体調不良に関して、

個人的に激しい空腹感をはじめとした肉体的な疲労はあくまで引き金であって、

やっぱり心理的な疲れが結構溜まっていたんだと思います。

 

 

入社以来自分の発言に対して「それはダメ‼︎」とか「それは違うんじゃない⁇」という注意を多々受けてきました。

 

きっとこういう制約は、組織の中や社会の中で生きていく上でや、日系企業の精神が根付いてる会社では避けては通れない問題だと思います。

 

 

ただ、僕自身多分誰よりも「自由」がほしいんだと思います。

そして自分の自由が阻害されたと感じると人より過度に反応するんだと思います。

 

例えば、

今まで人前で会社について、インターンについて話すことがあったしこれからもあるけど

「会社が僕に言ってほしいこと」「僕自身が本当に思ってて言いたいこと」にかなりのギャップがあるのでいつも葛藤を抱いてます。

 

実際一昨日も取材がありました。

 

---------------------------------------------------------------------

 

外の世界にでると「なんでカナダの大学行ったの⁇」ってのはほぼ聞かれますけどその度に「なんとなくですー(にっこり)」って適当にあしらってきました。

 

でも久しぶりに外に出てみて分かったのは多分いろんなものから逃げたかったんでしょうね。

社会不適合者とまではいかなくてもどこかmisfit boyってとこがあったと思います。

 

 

 べつに日本社会になじめないって話じゃなくて

人との関わりとか大して価値のないニュースとかそういうの色々とひっくるめて面倒だったから遠い国の田舎に逃げ込んだんでしょうね。

 

---------------------------------------------------------------------

 

結論。

組織に属することは多分無理なんだと思います。

 

今後はカナダに来たばかりのころの目標「就活せずに生きてく方法を見つける」ってのをもう一度視野に入れていこうと思います。

 

 

論文読む用にタブレットがほしいのでその下見に行ってきます。

それでは。

 

 

 

TSCFを終えて 〜写真で振り返り〜 

どうも、お久しぶりです。

 

基本的にうちの会社は第二土曜以外は仕事あります。

加えて前の日曜日は何か会社と関わりのあるところがイベントを開いていて

僕も駆り出されました。

 

そんなこんなで全くブログを更新できていないはせです。

 

そろそろ心理系のお話もしたいんですけど...

 

とりあえず今日は写真でTSCF(東京サマーキャリアフォーラム)を振り返ります。

 

 

f:id:psychcanada:20180703221719j:plain

 

はい、最初はこいつ。

「コンビニ最強飯」

有料動画サイトで紹介されていたのを早速試しました。

 

原材料名は「野菜(玉ねぎとかレタスとか)、卵、ナッツ、鯖、水」

オメガ3も摂れますし余計な物も入っておりません。

この前にサイゼリヤでごはん食べたのは内緒

f:id:psychcanada:20180703222136j:plain

f:id:psychcanada:20180703222343j:plain

こちら会場最寄り駅のエスカレーター。

広告が何枚も、金かけてますね〜

 

 

f:id:psychcanada:20180703222244j:plain



f:id:psychcanada:20180703222351j:plain

会場。どでかーい。

 

f:id:psychcanada:20180703222255j:plain

最後はこいつ。

終了。

 

 

...そうです。はせはあまり写真撮らない+写真撮るの下手です。

ご勘弁を。

 

 

 

TSCFを終えての感想。

 

うん、まぁいってよかった。

面白そうな会社1社みつけたし。

 

あと当日はよく「どんな業界に興味あるんですか⁇」って会社の人に聞かれて

 

「20卒なんでまだわかんないすねー」って答えてたけど

キャリアフォーラムでいろんなブースを回るにつれて

 

多分自分は「この業界に興味がある」っていうより

 

「この会社に興味がある」って感じで仕事探したほうがいいかなって気づいた。

これ一番の収穫だと思う。

 

 

 

今日はこのくらいで。

サザンロック聴きながらゆったりブログ書きました。

そよ風も気持ちいいし。

 

最近仕事がうまくいかなかったけどその話はおいおいしていきます。

 

では、少し仕事して寝ます。

おやすみ。


ブログランキングに一応参加しております
もしよかったらポチッと押してください、もちろんあなたの自由ですがね^^(笑) にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

インターン3週間、東京CF1日目を終えて...

どうもです。

「履歴書書かなきゃっ‼︎」って理由で3週目にして初めて(ほぼ)定時で帰れました。

はせです。

 

f:id:psychcanada:20180623204826j:plain

なんとなくの画像



 

今週の水曜はラジオがありました。

超内向型人間からするとラジオなんて「アドリブばっか要求されて、その醜態がさらされるただの拷問」なんて考えておりました。笑

 

初めの自己紹介こそ緊張したけど実際に始まってみると意外と平気でした。

 

多分ふつーの日常会話(大勢)だと会話が無秩序になるし大きな声で発言しないと相手に聞こえないんですよね。

 

対して、ラジオってアドリブは多少要求されるけど外向型人間がでしゃばりにくくなるんですよね。きっと。

意外と統制がとれてる。

 

加えて人が話しているときに基本的には遮らない/遮られないんですよね。(ツッコミとかはあるだろうけど)

 

意外と内向型人間の方がラジオは向いてたりして、なんてね

 

 

さぁ本題、今日もつらつらいってまいります。

 

とりあえずインターンは3週間を終えました。

 

感想としてはぶっちゃけ「きっつー」って感じです。

電話対応、見積作成、ブログ更新とか、アマゾンの梱包とかやること知らないことが多すぎて未だにインプットばっか

 

でも3週目むかえると他の社員とかインターン生から「3週目だしもう大丈夫でしょ⁇戦力になってよ⁇」感が強くなった気がします。笑

 

加えて他のインターン生のプロジェクトとか(来週のプレゼンもその一貫)自分自身のプロジェクト(海外取引的な)も任されるようになってアウトプットの場が増えてきます。

 

だからさっさと生産性高めて仕事覚えないと「ただの役立たず」でインターンを終えそうで怖いです。

 

 

正直期間が2ヶ月でよかった汗 普通の人だと半年。

(このブログが会社に見つかりませんように笑)

 

 

じゃぁそもそもなんでインターンはじめたかっていうともうちょい将来のこと具現化したかったから

 

「就活に役立てる」つもりは毛頭ございません

(このインターンちゃんとやりきったら絶対役立つだろうけど笑)

 

何で稼いで生きていくか

興味あるないが白と黒みたいにはっきり分かれてるからこそ考えて慎重に仕事選びたいんですね。

 

 

 

東京キャリアフォーラムに参加した理由も同じ。

 

卒業後に働くのか、大学院に行くのか、

どこで働くのか、どこの国で学ぶのか

 

正直いろんな道がありすぎるんですよね

 

「大学でたら新卒採用」

みたいな凝り固まった考えってもはやどうでもいいんですよね。

 

もちろんそれが僕自身にとっては(多分)効率がいいから今はその方向で動いてるけど、

別に新卒で働き口が見つからなかったからって死なないからね

 

若いんだからバイトで必死に食いつなぐこともできるでしょ

情報社会なんだし正しいリソース、知識を見つけて/身につけて活かせばそれでビジネスも始められるんじゃない⁇

 

周りに「大学は卒業しろ」とか「組織に属せ」とかバカみたいなことばっかほざいてるおっさんがいたとしても適当にあしらっとけばいいんです。

 

そういう人達は時代の流れと言う進化に適応できず淘汰される運命にあるのです。

(まぁ今おっさんならもうそのうち定年か)

f:id:psychcanada:20180623204824p:plain



なんかめずらしく怒ってるみたいだけど周りの圧力ってのはそれだけ強いって最近感じたんです。

 

まぁ大人になるにつれ責任とともに自由は増えるから、働き方から付き合う人間までありとあらゆるところで自分で選択をしていい人生を送っていきたいですね。

 

今日はここまで。

キャリアフォーラム2日目と来週のプレゼンの準備します。笑

 

ゆっくりサッカー見ていたいけど

 

それでは。

 

 


ブログランキングに一応参加しております
もしよかったらポチッと押してください、もちろんあなたの自由ですがね^^(笑) にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

つらつらーっと

どうもはせです。

 

サッカー日本勝ちましたね^^

わたくしは相変わらず仕事で忙しくて先週は週6日、60時間労働超えましたね。

 

なんかインターン内容をどこまで書いていいのかわかんないけどとりあえず、

電話対応、お客様対応に加えてプロジェクトの計画一個は終わったし(つまりプロジェクトが始まる)明日はラジオに出るし、来週はプレゼンあるしとまー大変。

 

日曜でさえブログ書く気力がなかったです...

中小企業のインターンがこんなに大変なんだとは知らなんだ

 

なんで今日は15分ほどでつらつらーっと適当に書きます。

 

 

来週は東京キャリアフォーラムに行きます。

ただ例によって履歴書書いてる暇もなくなりました。

 

まぁとりあえず今回は雰囲気感じるくらいの軽ーい気持ちで行くので、

そこまで気にはしてません。

 

大学からボスキャリ行くより、愛知から東京行く方が楽だし安いし、

だからまぁいけばいいでしょって感じ。

 

 

それでボスキャリに本腰いれるか、ゆるーく生きて行く

その判断材料の一つくらいにはなってくれるでしょう。

 

 

個人的にはある程度お金はあればいいけどやっぱり自由に生きていたいですねー

仕事してるときに電話対応は全体の仕事の効率、生産性が落ちるからしたくないし、

そもそもうるさいところで仕事、勉強なんてしたくないし、

これぞ超内向型人間。

 

あ、別に今の職場に文句はないですよ。

むしろこんな内向人間が快適に働ける環境なんてなかなかないでしょ笑

 

まぁなければ頑張ってつくります。

 

 

そんなんで今日はお別れ

おやす...

残ってる仕事します。

それでは。

 

 


ブログランキングに一応参加しております
もしよかったらポチッと押してください、もちろんあなたの自由ですがね^^(笑) にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

苦味と...

どうも、はせです。

大変な1週間でした。

 

 

超内向型人間なので外部刺激にさらされまくって疲弊しておりました。笑

 

 

電車とか、都会の騒音とか、あと電話対応笑

 

まぁインターンについてはまたそのうちに

今日のメインはあれです。

この前言ってたやつ

(前過ぎて忘れたとか言わない)

 

f:id:psychcanada:20180610224548j:plain

今週末カフェイン断ちしました。めっちゃつらい笑



 

タイトルは変えました

「コーヒーとサイコ野郎」って昨今のメディアみたいに誤解を生みかねなかったり目先の小さな利益を追っただけの誇張だったりするからです。

(実際、僕が今日の文献を知るきっかけになったGoogleニュースの記事のタイトルには「ジントニックが好きなあなたはサイコパスかも⁉︎」なんてキャッチーなタイトルがついておりましたが、元の論文読むと実際は違いました。)

 

そーゆーのはこのブログで科学の話をするときに限っては自分の意思と反するのです。

(日常的には30パーセントの真実だけを伝えてうまくかわすことは全然あります笑)

 

 

さぁ、前置きもこれくらいにして、

 

 

「苦味と...それから邪悪な四角形」

邪悪な四角形って別に僕イタイ人とかじゃないですよ。

英語を直訳しただけですから。

 

どういうことかと言うと

 

「苦味が好き‼︎ってのは反社会的なパーソナリティと相関関係にある」って内容です。

 

もともと味覚と性格に関する研究はあるみたいで、

 

「Sensation seekingと辛い食べ物、カフェインには相関がある」

 とか

「甘いもの好きな人はAgreeableness とNeuroticismが高い傾向がある」

 

なんてのがあるらしいです。

 

そこで研究者たちはDark Triad(悪の3角形)と呼ばれる「Psychopathy」「Machiavellianism」「Narcicism」に「Sadism」を加えたDark Tetradと苦味の関係性について調べんたんですね。

 

*Psychopathy...サイコパス。共感能力がなかったり恐れをしらなかったり。

Machiavellianism...マキャベリズム。成功するためには他人を踏み台にしてもかまわない。マキャベリの「君主論」由来。

Narcicism...ナルシスト。自己愛。

Sadism...サディスト。 

 

--------------------------------------------------------

 

実験方法 

参加者たちの味の好みを

・Food Specific Preference(食べ物ごとの好み、以下FSP)と

 

・General Taste Preference(苦味、甘み等一般的な味の好み、以下GTP)

 

に分けて調べたんですね。

 

FSPでは4つの味 -甘み、酸味、苦味、塩味-のカテゴリーがありそれぞれ10

個の食べ物、飲み物をどれくらい好きか評価しまして、

 

例えば、甘みにはキャンディー、チョコレート、酸味にはレモン、酢、苦味にはコーヒー、かぶ、塩味にはビーフジャーキー、ベーコンがあってそれぞれ「どれだけ好きですか⁇1〜6の間でお答えください。」って聞いたんですね。

 

GTPには上記の甘み、酸味、苦味、塩味の4つだけ。

 

つまり、苦い食べ物は好きですか⁇

ってもっと一般的な好みを聞いたんですね。

 

 

 

そんで、実験結果ではなんと

General Bittre Taste Preference(苦味が好き)Psychopasy, Sadism,に相関関係があることが わかったんです。

 

ただし、FSPの平均についてはDark Triad とは相関はなかっったんです。

 

 

......なぜでしょうねー⁇

 

ってことで研究者は追加で実験を行いました。

 

 

「コーヒーが大好き‼︎」って言っても、もしかしたらそのコーヒは砂糖、ミルクをたっぷり入れてるコーヒーのことなのでは⁇

 

なんてことも考えられる訳ですね。

 

要するに、研究者が「これは甘いもの。こいつは苦いもの。」として分類したものが必ずしも参加者たちは同じように認知していないのでは⁇

ってことです。

 

この問題を解消するべく今度は参加者たちにそれぞれその食べ物飲み物がどの味のカテゴリーに属して、どのくらい強い味なのかを1〜10段階で評価してもらったんですね。

 

 

 

でね、結論からすると

 

結局FSPとDark Tetradにはどれも相関はみられなかったんです。笑

不思議ですねー。

 

なんでこういうことが起こったか研究者たちは特に述べていないけど

この論文の違う場面で説明されていることを参照に僕がまとめると、

 

"Food specificだと社会生活とか健康面なんかで段々好きになったりするのでは⁇"ってことなんですね。

 

コーヒーなんかはカフェインで、ビールとかはアルコールで他の食べ物飲み物よりも依存しやすかったり、苦い食べ物も「栄養あるから食べなさい‼︎」って言われて食べ続けると単純接触効果で好きになったりってことなんですね。

 

つまり、ある食べ物を好むようになる要因が複雑だからなんじゃないかと思っております。(⇦心理学部2年生の戯言です)

 

 

 

 

じゃぁFSPは置いといてなんでGBTP(苦味が好き)はPsychopathyとSadismに相関があるのかというと

 

まずそもそも、

サイコパス傾向の高い人はスリルを求める傾向がありまして、例えば格闘家とか攻撃的な司会者になったりとか。

 

それで、そういう人は苦いものを食べることのスリルを楽しんでいるのでは⁇ってのが考えられます。

 

 

 

太古の昔、僕ら人類が狩猟採取をしていた時代は慢性的に栄養不足だったので

 

甘いものを食べたら脳が「甘い‼︎栄養がある‼︎」

酸っぱいものを食べたら「酸っぱい‼︎腐ってる‼︎」

そして、

苦いものを食べたら「苦い‼︎毒だ‼︎」

 

って経験と共に判断するようになり徐々にプログラミングされていったわけですね。

 

そんで僕ら人類ってのは           

ながーーーーーーーーーーーーーーーーい

時間かけてプログラミングされた体から基本的にそんなに変わってないんですね。

 

だから人類の歴史から見たら今日昨日作り出されたものには体が対応できないんです。

夜間のブルーライトとか電球自体が睡眠に悪影響だってのもこの理由から。

 

そんで今の時代は、冷静に「苦くても毒じゃない」って認知できるけど、本能的なところで「これは毒かも⁉︎」みたいなことを楽しんでいるのでは⁇ってことなんですね。 

 

Sadismについては正直よく分かんないです。多分Psychopathy自体との相関関係が強いんですかね⁇ 

まぁ今後の研究に期待です。

 

まとめると

苦いものが好き」な人はちょっと危ない人かもね...

 

 

ここで注意点なんですが、

「苦いもの好き」ってのもあくまで一つの指標として使ってください笑

 

「いやぁー、苦いものってうまいよねー」っていう人いたら「この人危ないかも」くらいの感覚で大丈夫だとおもいます。

 

 

 それと復習ですが「コーヒー好き」「ジントニック好き」「高カカオチョコレート好き」とかはあくまでFood Specific Preferenceでサイコパス度とは関係ないので安心してください笑

僕サイコパスじゃないんで笑 

 

加えて、苦味と反社会的な性格についての研究は多分これが初めて。これから研究が進むと「意外と関係ない‼︎」なんて結論になったりする可能生もあるのでね。

 

 

これ大学の授業でも口を酸っぱくして言われているんだけど

 

「科学は証明できない。あくまで理論をサポートするだけ‼︎‼︎」

 

いつなんどきどんな反例が出てくるかわからんからね。

まぁそれでも信頼性を上げることは可能なので科学者は日々頑張っているのですね。

 

今後の研究に期待ですね。

 

それでは。

 

 

参考文献

Sagioglou, C., & Greitemeyer, T. (2015). Individual differences in bitter taste preferences are associated with antisocial personality traits. Appetit, 96, 299-308 

 

-----------------------------------------------------

 

 

いやぁー、初めて論文からのトピックについて書きました。

 

大変でした。笑

途中から「あれ、学校の課題やってたっけ⁇」って感覚に陥りました。

 

あと、どこを書いてどこを書かないかが意外と難しい...

 

学校のレポートだと書くことはだいたい決まってるけど、

今回は基本的な知識がない人(Dark Triadとか進化心理学のとことか)もいるかもしれないし、

データの分析に使った方法を解説するかしないかとかも迷ったし。 

 

なんならそのデータ分析についてあんまり知らなかったから自分でも調べたりとかなり時間がかかりました。笑 

 

実験結果も結構抽出しすぎたから他に書いてよかったこともありそうだし。

 

 

まぁ無事書き終えれてとりあえずよかった。

インターンで忙しくて更新頻度は下がるけど今後ともよろしくお願いします。

 

おやすみなさい。 

 

 

 


ブログランキングに一応参加しております
もしよかったらポチッと押してください、もちろんあなたの自由ですがね^^(笑) にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村